人気ブログランキング |

<   2013年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今日は何の日?

おはようございます。
11月30日、1(い)1(い)3(み)0(輪=りん)で「いいみりん」から「本みりん」の日です。
えっと、小生のおでこも本みりんのように、いい具合にテリが・・・

って、この辺でやめときましょうか。
おとといと同じ展開が予想されるんでね(笑)


あと、あれですって。
鏡の日なんですって。
いいミラー。
これはちょっと無理ある語呂合わせかもしれませんが、でもまぁ、そういうことらしいです。

本会の道場にも姿見が一つ置いてあって、自身のフォームを確認するのに使っています。
ホントはダンススタジオとかバレエ教室なんかにあるような、壁一面のおっきな鏡がほしいとこなんですが、バチや太鼓ぶつけて割れると危ないんで、その設置には至っていません。
自分のフォームを確認する手段としては、鏡が一番だと思います。
その場で即座に直せますし。
ただ、打ってる時はなかなかそこまで余裕がないのが実際のところですがね。

なので、自分が出ているステージのビデオを見るってのがかなりの効果を発揮すると思います。
お客さんの視点で客観的に観ると、自分ではできているつもりでも、意外ともう少しな部分が見えてきます。

あと、ほかの打ち手の真似をする、研究するっていう点でもビデオはいい教材になります。
太鼓がうまくなるコツって、うまい人の真似をするっていうのも一つの手段だと思っています。
この場合、鏡というより鑑といったところでしょうか。
誰か一人の打ち方を真似するのではなく、ここはあの人がいいな、あそこはあの人だな、とか、それぞれに良い部分があるので、それをちょっとずつ盗んで組み立てて、自分なりのものを作り上げるっていうイメージかな。
とにかくビデオを観てるといい勉強になります。
同じように打ってるようでも、打ち手それぞれに特徴がありますからね。


さて、あっという間の11月最終日です。
12月もなんやかんやバタバタと過ぎていくんだろうなぁ。
雪が降る前に済ませておかなければいけないことがまだ残っています。
しっかり計画的に日々を過ごしたいと思います。

それでは、本みりんの日、鏡の日、皆さん有意義にお過ごしくださいませ。



【五井野】
by Hokutaiko | 2013-11-30 07:19 | Trackback | Comments(4)

寒ブリっ!まつりっ!

おはようございます。
11月29日、いい肉の日、適度に脂のってる五井野でございます。

実は、結構「肉」好きでして。
カツ丼とか牛丼とか、そういった肉肉しい類、意外と食べます。
急に「今日、カツ丼喰いてー」とか思う日ありますもん。
でもね、これが酒の席になると真逆でして。
ほとんど喰いません。
まぁそれは肉に限らずですが。

大体小生、焼肉屋に行くと、肉焼きませんからね(笑)
何しに焼肉屋行ってんだよと。
その最たるものが今年の保倉川太鼓新年会「焼肉屋に行ってんのに、肉一切出ないどころか、まさかのおでんてんこ盛りかよ!」事件です。
でも、あれ笑ったなぁ。
焼肉屋行ってんのに、肉が出ないって。
焼肉屋予約する時「肉出してね」って言わなきゃいけないらしいです、自分の場合(笑)

「何で喰わねぇの?」って思いますよね。
自分でもここのとこの真相がわかんないんですよ。
何て言うんでしょう。
こう、焼けてるの見るだけで満足するっていうか。
焼く係に徹してれば、それでいいかなと。
今年9月にやった本会の「肉焼く親睦会」もほとんど喰わず、まさに肉焼いて親睦深めてましたからね。


さてぇ、本会次のステージand年内最後の公開ステージ(予定)が、12月8日(日)の寒ブリ祭です。
昨年に引き続き出演依頼をいただきました。
ありがとうございます。
実は、まだ詳細が決まってません。
こちらから要望は出させていただきましたが、正式決定が12月4日だそうで。
去年のブログ確認したら、今年と同様2日前に尺が決まってませんでした。

まぁ、初めてじゃないんで、今年もバッチリやらせていただきます。
「臨機応変、即日現場対応可」が保倉川太鼓なんで。
どっかの会社のキャッチフレーズじゃないですけど。

一応出演時間は、10時と13時の2回の予定です。

えっと、虹龍の出演も決まっています。
デビューステージの2時間コンサートに続き、2回目となります。
でも前回と違って、寒ブリはすごくお客さん近いですからね。
また違った経験になると思います。
虹龍メンバーの皆さん頑張りましょう、寒ブリっ!まつりっ!



【五井野】
by Hokutaiko | 2013-11-29 06:07 | Trackback | Comments(8)

いい艶

おはようございます。
11月28日、いい艶(つや)の日です。
すいません、勝手に決めました(笑)
実際そうなのかもしれないですが。

小生のバチもいい具合に艶が出ています。
はい、こちら!
ジャジャン!
e0148662_61473.jpg

イタヤカエデのテーパーで、長さが410mm太さが手元24mmバチ先20mmです。
もう何年使ってるかわかんないくらいですが、これが実にしっくり来るんですよ。
ちなみに、ウチのメンバー全員バラバラでそれぞれが使い勝手のいいバチを使ってるんですが、これは自分だけです。
テーパーが馴染まない打ち手もいますしね。
先が細くなってるってことは、それだけ小回りがきくんですよ。
地打ち担当の自分には細かいリズムが求められるんで、この細さが実に使いやすい。
かといって、手元が20だと細くて握りづらいんです。
だからこのテーパー、よくできてます。
「天つ風」の地打ち、超スピードなんでこのバチじゃなきゃ打てません。

でも、細いなりの弱点もあって、太いバチに比べて音量が減っちゃうんですよ。
なので、打力でのカバーが必要になってきます。
あまり腕力のない自分にはこのバチが最適です。
力のある人はもっと太い硬いバチ使った方が音出ますけどね。


あとこのほかに3種類を使ってます。
こちら!
e0148662_6142313.jpg

まずは左から、さっきの物と同じサイズで材質が朴。
これは締め太鼓専用です。
そう、夏に折れて買ったばかりの物。
「まつり太鼓」も「波動」もこのバチじゃなきゃ打てません。
朴の木って軽いんです。
その代わり折れやすい。
なのであまり長胴(いわゆる普通の太鼓)には向かないでしょうね。
ポジション柄、ステージではこのバチ握ってる時間が一番長いと思います。


続いて、真ん中が長胴用のスペア。
イタヤカエデ(メープルだったかな?)で、420mm×24mm。
テーパーがかかってないんで、音はこっちの方が出ます。
練習では主にこっちの方を使ってますが、ステージではテーパーを使う方が多いんで、これはスペアで持ち込んでます。


最後に一番右が、大太鼓用のヒノキ480mm×32mm。
ものすごく太いです。
でもヒノキって軽い材質なんで、見た目より重くはありません。
大太鼓打つにはこの位じゃないと負けてしまいます。
まあでも、白般若の時しか使いませんけどね。


ひとくくりで「バチ」って呼んでいても、いろんなのがあります。
自分に合った物を探すのも、また楽しみの一つではないかなって思います。


ちなみにバチにはこんな風に名前を入れてあります。
e0148662_6144328.jpg

マジックで書いたんじゃありません。
焼印やハンダごて使って焼いたもの。
ちょっとしたこだわりです。


自分もこれから年齢を重ねるにつれ、「いい艶」が出せるように、自分自身磨いていければなって思ってます。
もうすでに、おでこはいい艶が出てるか(笑)



【五井野】
by Hokutaiko | 2013-11-28 06:17 | Trackback | Comments(6)

線ひくぞう君

おはようございます。
昨日久しぶりにブログ更新をお休みさせていただいた五井野でございます。
て言いながら、コメント欄に参加しちゃいましたけど。


実は先日、ちょっと便利グッズを買ってみました。
その名も「線ひくぞう君」
e0148662_5571466.jpg

ホワイトボードにテープを貼り付け、線を引く道具です。
そう、何のひねりもないネーミングです(笑)

子供チーム志龍のスケジュールは「サークルスクエア」というサイトを使ったデジタル管理なんですが、本流は未だにホワイトボードを使ったアナログ管理です。
この方式、随分前にもちょこっと書きましたけど、マーカーで線を引き、イベント名を入れて出欠を各自書き入れる方法なんですが、文字を消すとき線も一緒に消してしまうのが少々不便でして。
「何かないかなぁ」って思っててようやく探し当てました。
便利グッズを。

ていうか、これ、ずっと前からウチの職場で使ってるんです。
何で今まで、これを道場に使うって発想思いつかなかったのかなぁ。

で、今回ホワイトボードをカスタマイズしてみました。
こちらです!
ドン!
e0148662_5573535.jpg


自分はこれを買ってきただけで、線はオギが器用に引いてくれました。
はい、その様子がこちら。
e0148662_557523.jpg


で、文字を書き入れるとこんな感じに。
e0148662_558991.jpg


うーん、きれい。
いや、文字じゃなくて、線がね。
年内「寒ブリ祭」しか書いてありません。
もっと早く、夏の間のステージ本数多いときに導入しとけよって感じですが、まぁ今後ずっと使えますしね。

これ、オススメです。
どこに売ってるか気になる方、五井野までお問い合わせください。
まぁ、大体皆さん想像つくあそこですけどね。

ステージ予定をここに書き入れるのが今から楽しみです。



【五井野】
by Hokutaiko | 2013-11-27 06:01 | Trackback | Comments(2)

東京

ってとこで、金土と東京へ旅行に行ってきました荻原ですm(_ _)m

旅のメインは東京モーターショー‼︎
職業柄、自動車とかメカニックな分野には目がないもんで…
最新のコンセプトカーから、エンジンのカットモデルまで…かなり萌えました(笑)

えぇと…マニアックな話になると、止まらなくなるので、旅の続きを(汗)

自分の希望で、バチ袋を作るべく素敵な和柄の布を探しに浅草へ。
『あらいそ』と言う、鯉ともナマズとも取れない架空の魚の柄の風呂敷をGET!
バチ袋制作が楽しみです(^_^)

次は妻の希望で、はとバスツアー『モノマネライブハウス、キサラ』へ。
今、テレビに出ているモノマネタレントを数々排出してきた老舗ライブハウスだそうで…
お笑い大好きな自分としては、本当に面白いのか半信半疑…

ところが‼︎入店早々やられてしまいました‼︎
こんなところに五井野さ…イヤイヤ(爆)ニッチローがっ‼︎
e0148662_6394980.jpg

しばし妻と爆笑です。
見てのとおりイチロー専属モノマネの名手です。世界には同じ顔が3人いるって言いますけど、まさにソレですね(笑)

続いてこちらも名手、アントニオ小猪木。
e0148662_1874362.jpg

自分大ファンです(笑)
こちらも、同じ顔ではないにしろ、同系です(自爆)

その他いろいろ、東京を2日間満喫しましたが…足が筋肉痛ですm(_ _)m
かなりの距離を歩いたんでしょうね。
せっかく三宅の筋肉痛治ったところだったんですけど…

楽しかった余韻に、筋肉痛とともに浸りたいと思います(笑)

【荻原】
by hokutaiko | 2013-11-26 06:40 | Trackback | Comments(6)

11月最終週

おはようございます。
11月25日、ハイビジョンの日です。
ハイビジョンの走査線が1125本あることからこの日に制定されたそうです。
走査線?
は?
なんのこっちゃ?ですよね。
要するに、この数が多いほどテレビの画像がキレイってことです。
まぁどうでもいい話でしたね(笑)

えっと、キレイつながりで。
拙宅の紅葉もピークを過ぎました。
e0148662_633978.jpg

気象条件のせいでしょうか、去年に比べると色づきがあまり良くありませんでした。
それでも、どこか行楽地に行くことなく、家にいながらにして紅葉を楽しめるってのも、田舎暮らしの良さですね。
これから落葉が進み、白く雪化粧の時季、山眠る季節へと向かいます。
粉雪をまとった枝木もまた風情があっていいもんです。
って、風流なこと毎日感じられればいいんでしょうが、実際にはここ何年も「もういらないよぉ」ってくらいの大雪が降っています。
どうも今シーズンもそんな予報が。
準備万全に本格的な冬を迎えたいもんです。

それにしても昨日の雨、よく降ったなぁ。
予報が土日とも晴れるってなってたんで、まさかの雨でしたよ。
もちろん大根採ってないです(泣)
畑が多少ぬかるんでても、晴れ間見てササッとやるしかありません。
なぁんか、天気予報だと金曜にいやぁな雪だるまが・・・

11月最終週ですもんね、いつ根雪になる降雪があってもおかしくありません。
タイヤ交換してない方、もう観念した方がいいですよー(笑)
雪降らなくても、路面が凍る心配がありますからね。


さて、今日月曜は虹龍の練習日。
三宅打ちますよー。
すぐ体があったまるんで、エコにもなりますしね。
あと、ほかの曲も忘れないように、1、2回程度やっときたいなって思ってます。

よーし、今日も打ちますかー!



【五井野】
by Hokutaiko | 2013-11-25 06:04 | Trackback | Comments(0)

またまた三宅の話

おはようございます。
昨日も三宅を打っていた五井野でございます。
と言っても、夢の中でです。
とうとう寝ても覚めても三宅打つようになっちゃいましたよ(笑)

いや、というのもね、昨日夕方ずっとパソコンで三宅の動画見てたせいもあると思うんですよね。
完全にハマってます。
何年かぶりです、こんだけ三宅の研究するの。
いろいろあるもんですね。
一言で「三宅」って表現してますけど、日本全国各団体で全然違います。

本来「木遣り唄」入れるんでしょうか。
本場の三宅見たこともありませんし、勉強不足もあって、本来の三宅がわからず申し訳ございません。
何か、唄を入れながら打ってる団体がいくつかありました。
さすがに打ち手は歌ってませんが。
逆に、こないだの保倉川太鼓コンサートの時のような笛を入れるってとこがほかにないようです。

共通して言えるのが、とことん腰が低い方がカッコいいってことです。
肩のラインが横置きの太鼓の上部と同じ高さが理想っていうかな。
最低でも、腰のラインが太鼓より低くなくてはなりません。
それぞれ団体によって打ち方は違うかもしれませんが、「三宅」と称して打ってる以上、しっかり勉強して打たなければと意を新たにしています。

ほかの団体で意外とやってないのが、曲の最後、バチをバチッと当てること。
(ダジャレか。笑)
三宅って、最後ガッツーンてお互いのバチをぶち当てて、スパーンと終わるところが魅力かなと思うんですが、動画で見る限り、あまりやってる団体ないようですね。
まぁ、その代わり複雑なことやってますわ(汗)
全然追えませんもん。

虹龍も志龍もしばらく三宅を追及していこうかなと。
基礎体力、体のさばき方、腕の振り、リズムの取り方など、三宅を通していろんなものが身に付きます。
ステージの少ない冬期間にはもってこいですね。


さて、今日は午前中9時半から町内の防災訓練(講話を聞くだけですが)、午後から大根採りです。
と思ってたんですが、つい先ほどから雨降ってきちゃいました(泣)
まずいな。
何日も前から、ばあちゃんが気をもんでるんですよ、「大根採らんきゃ。大根採らんきゃ」って。

畑が湿らない程度で雨が上がることを祈ります。



【五井野】
by Hokutaiko | 2013-11-24 07:42 | Trackback | Comments(0)

土曜雑感

おはようございます。
次の出演12月8日の寒ブリ祭まで、しばしのんびり中の五井野でございます。

いやぁ、今年は打ったなぁ。
ここまで42本のステージに立たせていただきました。
去年は31本。
おととしが18本。
比較にならないほどです。
本会にお声掛けくださった皆さんありがとうございます。
夏だけでなく、秋にもかなりのご依頼をいただいたのが今年の特徴。
おかげで、ここんとこ土日だいぶ家を空けてました。
ステージだけでなく、練習もありましたし。
ここらで一息といったところです。

先週に続き、今日明日は晴れ間の出そうな土日ですね。
今日は朝のうちに墓参りに行って来る予定です。
その後、大根採りかなって思ってたんですが、ほんの明け方まで雨が降ってたんで、明日回しですね。
畑に水がたまってるでしょうから。
この大根採り。
今週半ばくらいに職場で「大根採らんきゃなぁ」って話してたら、「年寄りくさいこと言ってんなや!」って言われちゃいました。
別に年寄りじゃなくても大根採りますから(笑)
ていうか、畑作って種まきもしましたし。
まぁね、生活スタイルが違うんでしょうから、そういう発想も仕方ないですけど。

明日は午前中、町内会の防災訓練です。
小さな集落なんで、誰がどこに住んでるとか、家族が何人とかは皆が知るところですけど、自然災害は、いつどこで何が起こるか分かりませんもんね。
こういった普段からの防災意識を高める訓練も大切です。

土日2日間、久しぶりにのんびりさせていただきます。
とか言いながら、本当は太鼓打ってた方が調子いいんですけどね。



【五井野】
by Hokutaiko | 2013-11-23 07:48 | Trackback | Comments(0)

「三宅」大流行中

おはようございます。
三宅が大流行中の保倉川太鼓でございます。

月曜の虹龍だけでなく、おとといの志龍でも三宅やりまして。
昨日は案の定筋肉痛でございます(笑)
でも、さすがに慣れたんでしょう、今朝はもう何ともないです。

おとといの子供チーム、平置き修行部隊はとにかく基礎練習。
斜め打ちに移行して間もないチームは、6年生2人を講師として「IBUKI」の習得。
で、残りのレギュラーチームで三宅と相成ったわけです。
ほんの30分程度やっただけなんですが、進みましたねぇ。
三宅の基本リズムをとにかく打ち込もうかなって思ってたんですが、案外できてきてるんで、次のステップ「ABリズム」の習得に行きました。

三宅って(ていうか、保倉川太鼓の三宅?)、「基本」「A」「B」の三つのリズムで成り立ってるんですよ。
どんだけ長時間打とうが、この3パターンの組み合わせ。
単純なリズムの繰り返しなんですが、これが実は難しい。

ほかの曲を詰めるのに精いっぱいで、今まで、三宅をそんなに深く掘り下げてこなかったんです。
なもんで、レギュラーチームのオールドメンバーはAB分かってるんですが、ニューメンバーには教えてありませんでした。
でも、せっかく2時間コンサートでみっちり三宅やったんで、いい機会ですから、ここら辺でとことん三宅もいいかなと。
指導者側としてもいい筋トレになりますし(笑)

やっぱり子供ってすごいですね。
我々本流がかなりの時間を要したABをどんどん吸収して、もう少しでマスターってな勢いです。
まあでも、B特有の「スの間(ま)」にかなり手こずってますけどね。

三宅、ステージが入ってない冬期間の練習曲にはもってこいかもしれませんね。
足腰の鍛錬にもなりますし、地打ちに合わせるっていう基本的な練習にもなります。

おとといの練習、自分一人で汗だくになってました。
真夏並みに。
口唱歌しながら三宅打つってのもかなりキツいです。
めちゃめちゃ息苦しい。
でもこれ、しばらく続きそうです。
子供と一緒になって三宅打つのも楽しみの一つになるかな。

三宅のおかげで、保倉川太鼓道場は冬でもストーブいらずです(笑)



【五井野】
by Hokutaiko | 2013-11-22 05:54 | Trackback | Comments(4)

NPOを作ろう!4

この度、本会保倉川太鼓は11月14日付けで法人化し、「特定非営利活動法人保倉川太鼓」となりました。

このNPO法人化についてはもう何回も書いているところですが、先々週の木曜日、無事県から設立認証通知が届き、その後登記を済ませ、NPO法人が誕生しました。
ただ、この登記が曲者でして。
新潟の法務局まで行かなきゃいけなかったんですよ(汗)
役所なんで平日。
自分たちでやろうと思ってたんですが、結局何回か通う高速代やガソリン代を考えれば、その道のプロに頼んだ方が確実なんじゃないかと。
会長と事務局と相談した結果、最後の登記だけお願いすることにしました。
登記所が近くにあれば、最後まで全部自分たちでやったんですが、現実的に難しかったです。
司法書士さんにお願いし、無事に登記を終え、昨日登記簿謄本が届きました。

ここまで来るのに1年近く。
そもそも、何でNPOを立ち上げなければならなかったかって話をまだしてませんでしたね。
実は、建物(道場)の問題があったんです。
我々だけでなく地域の皆さんも「太鼓道場」と呼んでいる本会の拠点の正式名称は「浦川原地域文化伝承館」です。
市有物件で、誰もが使用できる公の施設です。
でも、実際は本会以外に使用実績はありません。

平成17年の合併時、市では、将来的に施設の再配置をしようという計画でした。
それぞれの区に似たような施設があるのは効率的じゃありませんし、維持費用も財政的に厳しいですし。
で、浦川原地域文化伝承館については、費用対効果が望めないことから、再配置対象(廃止の可能性もあり)となりました。
我々としては今ある道場がなくなるのは、イコール活動の低迷につながるわけですので、何回か市と協議を重ねてきました。

その結果、保倉川太鼓への無償譲渡という方向に決まりました。
「ほかに利用実態がないのだから、保倉川太鼓に譲渡するのが望ましいであろう」という市の見解です。
市としては壊す費用がかからないし、今後維持費もかからなくなります。
本会としてもこれまで同様に使えるわけです。
でも、ここで問題なのが、譲渡先は個人や任意団体ではなく、法人に限られるってこと。
これまでの任意団体保倉川太鼓のままでは譲渡を受けられないってことです。

てことで、NPO法人化の話が持ち上がりました。
これが、去年の12月12日のことです。
それから始まるわけですよ、NPOを立ち上げるにはどうしたらいいのかの勉強が。
簡単に考えてたんですが、調べるうちに相当面倒なことがわかってきました。
途中、しばらくそっとしておいた時期もありましたが、自分にムチを打ち、杉田と2人でここまで進めてきました。
だいぶ時間と労力がかかりましたが、何とか無事に立ち上がりました。

NPOになると、いろんな責任や経費的負担が生じてきます。
でも、それを上回るようなメリットもあるはず。
なんたって社会的に認知されたNPOですからね。
そして、県内初の和太鼓団体のNPOです。

実際に道場の譲渡は来年春以降になりそうです。
本会の所有物件になった暁には、もっとゆったりと子供たちが打てるように、現在手狭な床面積を増やす計画です。
でも、贅沢っていうか幸せなことなんですよね、道場を持ってるっていうのが。
どこの団体も体育館や公民館などの公的施設を借りて、練習されてるようですから。
道場の話をすると決まって羨ましがられます。
大切に使わせていただかなければなりませんね。

35周年イヤーの今年、保倉川太鼓は法人として新たなスタートを切りました。
来年、「浦川原地域文化伝承館」の看板が下ろされ、「保倉川太鼓道場」の看板が掲げられます。
これまで以上に頑張ります。
進化する保倉川太鼓、ご期待ください。

そして、これからも応援よろしくお願いいたします。


会長、カッコいい看板作ってくださいね!



【五井野】
by Hokutaiko | 2013-11-21 06:00 | Trackback | Comments(0)