人気ブログランキング |

<   2012年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

最長記録

年内最後のステージ12.9の結婚披露宴。
昨日先方さんから連絡があり、「準備・撤収の時間を除いて、30分時間があるから、思う存分自由に打ってほしい」とのことです。
30分て、披露宴でいただいた時間の最長記録です。
ちなみに、今までの最短は5分。
さすがに5分は厳しいですが、逆に長すぎるのもどうかなと。

ウチのステージを見に来てくださった方々の前であれば、30分オッケーですが、余興ですからねぇ。
「うるせぇ!酒飲めねぇだろ!」ってなっても困りますし。

さぁて、何打とうかな。
昨日から思案中です。

まっ、とりあえず、目先のステージを終えてから考えるってもんですね。
はい、今夜いただいている宴席余興です。
全力で打ってきます。


あっ!
全然関係ないですが、今日11月30日は「本みりんの日」だそうです。
11(いい)30(みりん)・・・
ちょい厳しくないですか?



【五井野】
by Hokutaiko | 2012-11-30 06:01 | Comments(0)

二段打ち回避

昨日はこの時季にしては珍しく、スカッと晴れて気持ちのいい1日でしたね。
放射冷却で朝冷え込み、軽トラのフロントガラスが凍ってました。
路面の凍結で事故も多かったようです。
今は亡きうちの祖父の口癖「橋の上は凍るから、特に気を付けろ!」ってのを思い出しました。
さらにこんなことも言ってました。
「四駆は普通タイヤでも大丈夫!」
これは全くあてになりませんね(笑)


さてさて、明日の夕方いただいているステージですが、昨日演目を決めました。
・唄(元祖会長ver.)
・打ち込み
・陽春
・まつり太鼓(ショートver.)
・MC
・波動

今回は、大幅にポジション変更があるため、二段打ちは回避です。
大太鼓下手側 マコの場所へ杉田
大太鼓上手側 杉田の場所へ副会長
中太鼓下手側 副会長の場所へオギ
会長と自分以外の3人は、いつもの場所から変更になっています。

宴席なので、アンコールが来るかもしれませんが、二段打ちはやらないことにしました。
さぁて、アンコール何やるかなぁ。
とか心配してて、波動でピシャッと終わるのがオチですけど。
(こないだの披露宴連チャンではなかったです)

器材は昨日、車に積み込みましたので、明日は職場から会場直行で頑張ります。

締め太鼓の上げどうしようかな。
休み時間に事務所の隅でひっそりとやるかな・・・



【五井野】
by Hokutaiko | 2012-11-29 06:10 | Comments(0)

師走はすぐそこ

昨日の帰り、車に白いものが積もってました。
山間部では結構降ったようです。
気付けば今年も残すところあと1ヶ月になっちゃいましたね。
そりゃ雪も降りますよ。

ちょっと年内の本会の予定をまとめてみたいと思います。

11月30日(金)宴席余興 18:30- やすね

12月8日(土)保倉川太鼓忘年会with保護者の皆様 18:00-

12月9日(日)寒ブリ祭 10:00- 13:00- 直江津港佐渡汽船ターミナル
結婚披露宴余興 14:30- ロワジールホテル上越

12月26日(水)打ち納め


サラッと書きましたが、年内最後の出演、しかも3ステージの前日、保護者の方々を交えた忘年会があります。
(子供メンバーはお家で留守番です)
太鼓を打たない代わりに、旨い肴と旨い酒に舌鼓を打ちます。
調子に乗って、翌日に響かないようにしなければ。


12.9のステージ後は、冬季のパワーアップ期間に入ります。
今シーズンは、妙高和太鼓フェスティバル特別ゲストという大きな目標があります。
3月3日、さらに力を付けた保倉川太鼓にご期待ください。



【五井野】
by Hokutaiko | 2012-11-28 06:12 | Comments(0)

ステージ入りました

今週末、30日(金)夕方、やすねにおいて宴席余興ステージをいただきました。
設計事務所関係の方々の祝賀会だそうです。

平日夕方なんで、18時入り18時半本番のタイムスケジュール。
結構バタバタです(汗)

打ち手は、会長、副会長、杉田、荻原、五井野の5人。
金曜日にも関わらず、意外と集まりました。
演目は明日夜考えますが、大太鼓打ちのマコがいないんで、相当なポジション変更が生じると思います。

今年は、平日にいただくステージや急なオファーが、例年より多かったような気がします。
休み取ったり、時間調整したり色々大変ですが、好きな太鼓を毎週のように打てるってことは、すごくありがたいことで、感謝しなければなりません。
また、「保倉川太鼓なら、平日でも急な話でも、何とかやってくれるだろう」という、先方さんのご期待にもお応えしなければなりません。

イベントの大小、予算の有無、全く関係なく、どんなステージでも打たせていただきます。
お気軽にお声掛けください。



【五井野】
by Hokutaiko | 2012-11-27 05:57 | Comments(0)

締め太鼓復活!?

e0148662_5573677.jpg

ではないんですね、残念ながら。


先週日曜日、締め太鼓の皮が破けるというハプニングがあったわけですが、翌日の月曜、早速生まれ故郷の石川県に入院させました。

退院まで1ヶ月ほど掛かるそうで、ステージだけではなく、やはり練習でも締めがないと不自由なんで、太鼓店からレンタル品を借りました。
いやぁ、すごいです。
年季が入って皮が黒光りしてます。
ホントはこうなるまで、大事に大事に使わなければならないんですね。
なのに、自分はたった3年で破いちゃいました(泣)

退院して来たら、今まで以上にもっと大事に大事に育てたいと思います。



【五井野】
by Hokutaiko | 2012-11-26 05:57 | Comments(0)

んーろチーズケーキ!?

e0148662_7212283.jpg

先週水曜の練習時、komamaさんから、うちのチームにお土産をいただきました。
18日の日曜日、浅間温泉火焔太鼓さんの50周年記念公演を観に、松本へ行って来られたそうです。

開運堂の「一口チーズケーキ松本牧場」というお菓子です。

子供チームの練習後、1個ずつ配り、それを手にした小3メンバーの1人が「何で最初に伸ばすのぉ?」って訊くんです。
「はっ?」って一瞬思いましたが、パッケージを見てすぐわかりました。
漢字の「一」が長音記号の「ー」に、「口」が「ロ」に見えたんですね。
いやぁ、これには笑いました。
「んーろチーズケーキじゃねぇわ!ひとくちだわ!ひ・と・く・ち!」って、大爆笑でした。

その後の大人チームの練習時もこの話題で盛り上がったことは言うまでもありません。

komamaさん、いつも差し入れありがとうございます。
おいしくいただきました。



【五井野】
by Hokutaiko | 2012-11-25 07:21 | Comments(0)

奥が深い拍子木

ほかの太鼓団体ではあまり見かけませんが、保倉川太鼓のステージには欠かせない小道具、拍子木。
本会所有のものは、2年前に浅草で購入した「花林」と、知り合いの大工さんに「黒檀」で作ってもらった特注品です。

今週水曜の大人チームの練習では、太鼓を一切打たず、ひたすら拍子木を打っていました。
さながら拍子木講習会。

というのも、妙高和太鼓フェスティバルの演目で、「拍子木で意表をつくだけでなく、いつもより長めに打って、拍子木が主役になれる曲を」と考えているからです。
いつも自分のソロですが、2人体制にしようかと。
ただ、今回の妙高和太鼓フェスでは舞台演出上、自分はどうしても拍子木を打つことができません。
ですんで今回は、副会長とオギが担当です。

拍子木って太鼓以上に単純な楽器ですが、すごく奥が深い楽器でもあります。

見てる人は、「ただ木の角材をぶつけ合わせてるだけじゃん」て、簡単そうに見えるもしれませんが、実際手にしてみるとその難しさに「あれっ?」って思うはずです。
打つ人によって全く音が違います。
打点をしっかりとらえないと、
「ゴツッ」とか
「カツッ」とか
音が濁ります。
こないだ杉田も「うちらが打つと、カツカツいうんですよねぇ」って言ってましたし。
「キーン」っていう澄んだ音が理想です。

正式な打ち方を習ったわけではなく、あくまで自己流ですが、ちょっと打ち方をば。
・肩の力を抜き、脇をしめ、肘もあまり動かさず手首で打つ。
・面や線でとらえるのではなく、点で確実にとらえる。
・長めに持ち、当たる瞬間、スナップを効かせ上に打ち上げる。
・一番良い音がする「点」を常に意識する。

文字にするとこんな感じですが、実際に打ってみると思うようにいかず、難しいみたいです。
水曜日、2人ともだいぶてこずってました。
ただでさえ難しいのに、今回、2人で音を合わせることに挑戦です。

2分ほどの曲です。
花林と黒檀で音が全く違いますが、これがまた良い感じのハーモニーを奏でます。
これが決まると、本会のステージ性の幅がグンと広がるはずです。

練習あるのみ。
副会長とオギ、息を合わせて頑張ってくれ。

道場近隣の皆さんに、拍子木のキンキンて音が騒音公害になってないか、ちょっと心配ですが(汗)



【五井野】
by Hokutaiko | 2012-11-24 09:15 | Comments(0)

今年最後のステージ

だと思っていた寒ブリ祭。
最後じゃなかったです。

12月9日(日)、10時と13時の寒ブリステージ終了後、結婚披露宴余興の仕事をいただきました。
この日、3ステージです。

これで、今年28本。
ありがたいです。
ただただ感謝です。

このほかに、まだ本決まりではありませんが、来週金曜夜、宴席での余興ステージもいただいています。

今年は、夏の太鼓シーズンより、秋から12月にかけての本数がすごいです。

保倉川太鼓にお声掛けくださる皆さま、本当にありがとうございます。
どんなステージでも、全力で打たせていただきます!



【五井野】
by Hokutaiko | 2012-11-23 08:02 | Comments(0)

早々に・・・

昨日、妙高和太鼓フェスティバルの演目を決めました(早っ!)
本当は、当日ギリギリまで考えたいので、流動的にしときたいんですけどね。

前回もそうだったんですが、プログラムへの掲載の関係上、早い段階での曲名の提出が求められるんです。
で、前回苦肉の策で考えたのが「妙高和太鼓フェスティバル特別メドレー」。
さすがに今回は同じ手は使えません。

昨日「何やる?」って話になり、トントン拍子で決まっちゃいました。
持ち時間も決まってないのに。
演目内容はちょっとまだナイショですが、自分で言うのもなんなんですが、これ、良いです。
すごく良いです。
流れが抜群に良いです。

昨日練習後、家で前回のビデオを見ました。
いやぁ当時はこれがベストだったんですね。
やってる曲、今と変わらないんですが、曲順とか演出が全然違います。
お恥ずかしい。
改めて思いました、「ステージ性」って大事だなって。
演出ひとつで全然変わるんだなって。

3月3日に向けて、冬期間気合い入れて練習に励みます。

妙高和太鼓フェスティバルまで、あと・・・
何日ですかね?(笑)



【五井野】
by Hokutaiko | 2012-11-22 06:17 | Comments(0)

昨年に引き続き、6月から、地元小学校(ていうか母校)の和太鼓クラブの講師を務めさせていただきました。
昨日で計5回、本会道場を使っての活動を無事に終えることができました。

ウチの子供チーム「志龍」を指導するのと違い、学校の授業の一環ですから、一応小生「先生」なわけです。
これが実に荷が重い。
しかも、1回1時間半、合計たった5回で和太鼓を教えるっていうのが、これまた厳しい。
ただ曲を教えるんじゃなく、自分の知り得る「和太鼓」の全てを伝えないと意味ありませんし。
例えば「心」とか。
手抜き一切なしでやってきました。

時間が限られた中でも、児童たちはそれぞれ自身で感じ取り、何かしら身に付けてくれたと思います。

昨日、心のこもった手紙もいただきました。
5回全て平日昼間なので、キツかったんですが、手紙を読んで報われました。


あっと、それから、予定になかったんですが、クラブ活動発表の場を後日設けてくださるそうです。
昨日、先生から提案がありました。
ほかのクラブにはないことなので、大変ありがたいことです。
児童たちはもちろん、指導していた自分自身の励みにもなります。

ただ、発表できる曲が「みのり太鼓」しかないので、ほんの2分程度で終わっちゃうのが残念ですが。
指導者のデモンストレーションもやるってもんですね。


昨日のクラブ終了後、活動報告を行うため、学校の校長室へ呼ばれました。
母校の校長室って緊張しますよ。
別に悪いことしてないのに、何か怒られそうな気がして(笑)


ではでは、本日夜は、子供チームの指導です。
みっちり頑張ります!



【五井野】
by Hokutaiko | 2012-11-21 06:00 | Comments(0)