人気ブログランキング |

今年最後の仕事です

先週金曜オファーがありました。

12月3日(土)10:00~
市道崩下屋敷線開通式
(ようは、新しく切れた道の祝い太鼓です)
於:浦川原区熊沢地内 路上

雪が降らないことを祈るだけです。


【五井野】
by Hokutaiko | 2011-11-21 12:13 | Trackback | Comments(0)

今年を総括

少し早いですが、年内の出演依頼が入っていませんので、ちょっと今年を振り返ってみたいと思います。

今年の出演は3/6妙高和太鼓フェスティバル ゲスト出演から始まりました。
大きな会場で大きな拍手・声援をいただき気持ちよく演奏ができ、ステージを降りた後もたくさんの来場者の方から声をかけていただき、本当にいいステージでした。
e0148662_1217495.jpg

e0148662_1220150.jpg


6/11第3回浦川原和太鼓祭。
毎度のことですが、準備に半年を費やす保倉川太鼓主催の一大イベントです。
今後、浦川原の初夏の恒例イベントとして認知度が高まっていけばと思っています。
e0148662_12184297.jpg


そして怒涛の8月の土日7日間出演。
8/7猛暑の直江津港フェスティバル 屋外2公演。
笛のあかる潤さんからも特別に出演いただき、納得のいく中身の濃いステージになったと思います。
今年の新曲「踊らにゃSONG SONG」が生まれたのもこの会場です。
8/21謙信公祭。
小雨の中、大勢の皆さんの前で、しかも普段ありえない道路の真ん中右折帯での演奏でした。
GACKT謙信公の出陣行列に合わせて打った、波動エンドレスバージョン(とにかく打ち続ける)がとにかく疲れた。
前日急きょ買ったテントが大活躍。
e0148662_12202920.jpg


9/25癒しの家うらがわら 慰問。
入居者の方にも太鼓を打ってもらったり、面を着けて踊ったり、普段のとがった保倉川太鼓ではなく、やわらかなステージになりました。

10/16上越舞の会13周年。
やはり文化会館大ホールは響きが違います。
MCもバカウケ。自分で言うなって感じですけど。

10/22越後・謙信SAKEまつり
朝から夜まで3ステージ、一日中のんだくれ。
酔いにまかせて、MCちょっとしゃべり過ぎたかと反省。

そして今年の最後11/3農協まつり
「今」の保倉川太鼓15分ぎっしり凝縮バージョン。
今までで一番お客さんと近かったステージだと思います。


以上今年の出演17本。
例年20本以上ですので、ちょっと少なめです。
しかし、初出演が多く、ただただありがたい気持ちでいっぱいです。


今年もあと2ヶ月。
いつでもスタンバイできていますので、忘年会の余興や、年末のイベントなど、ぜひお声掛けください。


【五井野】
by Hokutaiko | 2011-11-08 12:22 | Trackback | Comments(0)

ナルシスト

「うちらの曲って、CD化すると全然おもしろくないよね。魅力半減だよね」
メンバーとよくする会話です。

うちの曲は基本的に、単純で簡単、わかりやすいものばかりです。
新規に入会してもすぐ覚えられる曲ばかりです。
(まつり太鼓は例外ですが)
単純すぎるため、何かでカバーしないと見せられるステージにはなりません。
じゃあ何でカバーするか。
・振り付け
・動きの大きさ
・ダイナミックな打法
・太鼓の配置
・声(を発する時の表情も)
・気合い、気迫
・真剣さ
その他もろもろ...
要は「見た目」です。
人間は視覚で得る情報が8割とも言われていますので。
最近の定期練習では、曲の練習というより、振りの確認や動きのタイミング、腕の上げる角度、礼の仕方、など「見た目」「どうやったらカッコよく見えるか」の練習がメインです。

今年の春、ゲストで呼んでいただいた「妙高和太鼓フェスティバル」のアンケートに、「今回のイベントをCD化できないか」という意見がありました。
CDでうちの曲を聴くと「あれっ?」ってなりますので、やめといた方がいいですよ。
特に「二段打ち」なんて、『見て何ぼ』の曲ですから。

保倉川太鼓の曲は、生のステージで楽しんでください。
体で感じる和太鼓特有の重低音もライブじゃないと味わえません。


【五井野】
by Hokutaiko | 2011-11-02 12:06 | Trackback | Comments(0)

明日は農協まつりです

おそらく今年最後のステージです。
ところが、予報は雨。
いまさら言うまでもなく、太鼓の面には1滴の雨も当てたくありません。


明日の曲目は完全シークレットです。
って言っても、そんなに引き出し多くないので、大体予想できると思いますが。


【五井野】
by Hokutaiko | 2011-11-02 08:28 | Trackback | Comments(0)