和太鼓の楽譜をパソコンで書いてみる

おはようございます。

いやぁ、春ですねぇ。
雪融けましたねぇ。
先週の降雪には「まだ冬なのか!?」と、少々ビビりましたが、そんなに多くの積雪もなく、やはり一歩ずつ近づいているのでしょう、花粉の季節に(笑)

さてぇ、新曲の譜面を清書することに端を発した、楽譜をパソコンで書いてみるブーム(勝手に自分だけ)ですが、この1ケ月でかなり進んでいます。
いや、あの、進んでるって言っても、曲作りではなく、既存曲の楽譜のデータ化のことです。
今打ってる曲、一部を除いて譜面はあるんですが、その後のアレンジで変更が加えられてて、合致してない部分が多々あるんです。
なので、これを機に書き直そうって計画です。

まずは代表曲「まつり太鼓」から書いてみました。
A4が6枚というさすがに壮大な曲ですが、何とか仕上げました。
これでもかっていうぐらい、初めて見る記号使ってみました(笑)
小学校の音楽の授業で習ったのかなぁ。
「急に遅く」とか「だんだん遅く」とか、ちゃんと記号があるんですもんね。
当たり前ですけど。

「まつり」に続いて、「IBUKI」と「HA7」を書き上げました。
この2曲は子供用なんで、カタカナ(いわゆる口唱歌)の譜面しかなく、音符表記にすることによってわかりやすくなったと思います。
んで、現在「盆太鼓」が完成間近です。

自分の性格上、全部書かないと気が済まないだろうな(笑)
まあでも、「波動」は譜面化できないし、そもそもその意味すらないので、「全部書く」というところまでは行かないんですがね。

あ、そうそう、大事な曲も書いてるんでした。
昔、自分が入る前の第1世代の方々が残していってくださった幻の曲です。
何年かのサイクルで「あの曲やろう!」ってブームが到来し、その都度抽斗から引っ張り出すんですが、結局また仕舞うという。
楽譜が読めないんですよ。
それをまたこないだ数年ぶりで出してきました。
でもやっぱり読めない(汗)
ですが、今回こそは読み解いて、当時のようには打てないにしても、我々流の曲に再構築できたらなって思ってます。
簡単な作業ではないので、かなりの時間を要すとは思いますが。
目標は、40周年を迎える来年までには。
って感じです。
温故知新。


さてと、今日も天気が良さそうです。
午後から、第10回妙高和太鼓フェスティバルに行ってきます。
楽しみです。



【五井野】
[PR]
トラックバックURL : https://hokutaiko.exblog.jp/tb/25582349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Hokutaiko | 2017-03-12 06:57 | Trackback | Comments(0)